読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ZEROPEIGames

ゲームや日常について綴るブログ

【比較】テイルズオブベルセリアをクリアしてみて【評価】

テイルズ

f:id:zeropei:20160821022737j:plain

 

この記事はもしかしたらネタバレ含みます。

閲覧の際は自己責任だよ。

 

 

いや〜やっとクリアしましたベルセリア。

以前途中経過の状態で記事を書いたのだが

www.zeropei.net

以前書いた記事通り,最後まで楽しかった!

この記事はエンドロール見ながら書いてるぜ!

 

クリアまでは

レベル60

プレイ時間約40時間

難易度セカンド

といった感じだ。

ゲームを購入してから長時間するのは慣れているのだが,今回はいつも以上に長く感じた。ただそれを凌ぐ面白さがあったのだろうか,全然苦ではなかったぞ。

 

エンディングは…どうなんだろう。

少しモヤっとするというか、もっといい結末にしても良かったんじゃないかと思う。

2ch本スレでは大荒れらしいな。そこまで大騒ぎするほどの事ではない気はするが。

ネタバレになるが、エクシリア2から主人公が悲惨すぎる。

あと敵は"世界を平和にしようとているが、犠牲は仕方ない"で済ませようとしている。こっちは"犠牲は仕方ない訳がない。もっとええ方法あるんやで"のいつものパターンではある。

ま、これについては後日書こう。

 

さて,今回はゼスティリアの悪かったところを思い出してどう変わったのか見ていこうと思う。

ちなみにゼスティリアについて俺が挙げた悪い点は以下の記事も併せて見て欲しい。

www.zeropei.net

 

パーティ内のキャラについて

ゼスティリアではヒロインが早々に離脱しとんでもないほど荒れたが今作はもちろんその様なことはない。参加速度は比較的早めで,イベントで誰かが居なくて困ることはなかった。ストーリーの途中でいつもの如くキャラごとのイベントがあるのだが,どれも内容が濃く良く出来ていた印象。

 

特殊技の魅力について

f:id:zeropei:20160821040109j:plain

ゼアスティリアの方では「神衣の魅力が微妙」というちょっと頭悪そうな見出しにしていたが,今回主人公は神衣を使えないので特殊技を見ていく。

今作の戦闘中の目玉は「ブレイクソウル」と言われるものだ。各キャラ能力は違うのだが,今回はベルベットのみでいく。

R2を押すと業魔の腕で攻撃し,技も連続して放つことができる。一番の魅力は連携から多様なアクションの爽快感だろう。派手さで言えば神衣の方が上だが,個人で完結する能力のため非常にシンプルで使い易いシステムだ。

 

カメラワークについて

前作で酷かったのは,戦闘中のカメラが壁やオブジェクトにめり込んでロクに見えない状態が続く点だった。今作ではたま〜〜に見受けられたが,クリアまでに2,3回程度だったためかなり改善されている。

 

フィールドの広さについて

f:id:zeropei:20160821040120j:plain

個人的な感覚だが,前作よりフィールドの広さが調整されて前作ほどのストレスはない。が「またそこに行かせるんかい!」となったり「会話が挟むっぽいからあなぬけのヒモは使えないで」みたいな点はちょっとイライラした。

それでも全体を見るといいバランス調整ではある。ホバーボードもあるしね。

 

おわりに

さて,個人的な前作との比較はここまでにしようと思う。もう少し理解できたら考察やゼスティリアとの繋がりについても考えたい。

とにかく今はクリアした開放感と優越感に浸りながら安眠する。

 

前作で手が出せなかった人も今作はやるべきだ。楽しいぞ(複数回目)。

 

ああ,スクショ撮りたい。キャプチャボード買うしかないか。

ああ,ゼスティリア忘れた。PS4版があるから買ってしまおうか。(まさかこれを狙って発売したのか・・・?)

 

おまけ

今作はPS4のSHARボタンでゲームのスクショやシェアプレイをすることができないが,とあるエリアだけは禁止区域が解除されるのだ。

もちろんストーリーに関係のないエリアだが,PS4のみで共有したい場合はその場所で行おう。詳しくは後日書くつもりだ。